「音無彩名ですか……あれはこんな場所までも存在できるのですね……」素晴らしき日々~不連続存在~第1章その2

第一章「Down the Rabbit-Hole」その2(主人公:水上由岐)
「音無彩名ですか……あれはこんな場所までも存在できるのですね……」

「Down the Rabbit-Hole」その1の遊園地デートに話を巻き戻して――

ざくろと由岐はゴンドラで移動する「幽霊部屋終ノ空」というアトラクションに入るが、どう考えても大きすぎる立体構造の建物に違和感を覚える。
ゴンドラは古びたコンビニや階段、エスカレーターを通り抜けてマンションのような場所を淡々とふたりを乗せて運んでいく。
廊下を経て至る昭和っぽいアパートのリビングたちは「1999年7月」で時が止まったようだった。

素晴らしき日々:第一章

階段を降りて教室、病院から空の見える屋上へと運ばれて開放されるふたり。
まるで人間の一生をかいま見たような重い気分になる。
気分転換にとざくろは由岐とボートに乗ることにする。
ざくろが作ってしまった罪の償いは「由岐たちの『素晴らしき日々の中に生きる』幸せ」を奪う形になるというのだ。

「水面を撫でることは空に手が届くことになるのかなぁ……って」

続きを読む


カテゴリー: 素晴らしき日々~不連続存在~, 美少女ゲーム | コメントをどうぞ

「なんかこれ……やばい方向になっている気がするぞ」素晴らしき日々~不連続存在~第1章その1

第一章「Down the Rabbit-Hole」その1(主人公:水上由岐)
「なんかこれ……やばい方向になっている気がするぞ」

水上由岐は、空――マンションの屋上から降ってきたぬいぐるみを拾う。
ぬいぐるみを落とした少女、高島ざくろは言う。
それは「空に帰る日」を探す為の行為なのだと。
由岐はその日から、幼なじみの若槻姉妹、高島ざくろと共に「空の少女」と「世界少女」とが出会う、「その場所」を探すことになる。

素晴らしき日々:うさぎ

司の話によると、この世界には「世界そのもの少女」がいて「空の少女」に会う。
夏の大三角形が見える場所で夏に一度だけ、地上の世界少女と空の天空少女が出会う。
「街の噂」「都市伝説」というたぐいの、この街に伝わる有名な伝承らしい。

続きを読む


カテゴリー: 素晴らしき日々~不連続存在~, 美少女ゲーム | コメントをどうぞ

「ほら、二つの青と青を重ねてごらん……」素晴らしき日々~不連続存在~:ストーリー

原案・企画・シナリオ:すかぢ
原画:すかぢ、基4%、硯、籠目、karory

ケロQから2010年3月に発売されたアダルトゲーム。
萌えゲーアワード2010大賞部門銅賞、シナリオ賞部門金賞受賞作品。
ケロQブランドとしては6年ぶりに発売された新作。「すばひび」とも略される。
13年現在も値落ちしないゲームのひとつである。

素晴らしき日々:冒頭

ボクたちは
ただ名ばかりでシャボン玉の様にふくらんでしまった…
そんな空想の恋人に恋いこがれている…
さあ、君、取りたまえ。
この空想を、
そして本物に変えるのは君だ。

エドモン・ドロスタン
戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」より

続きを読む


カテゴリー: 素晴らしき日々~不連続存在~, 美少女ゲーム | コメントをどうぞ

アガレスト戦記ってどれ買ったらいいの?

最近「艦これ」に夢中になっていてもSteamは気になるのです。
「エイジオブエンパイア」「シヴィライゼーション」等など…
ちょっと渋いんですが、ストラテジーはめっちゃ気になるのです。

アガレスト戦記

2時間で終わる「エイジオブエンパイア」は何度プレイしても楽しいし。
「シヴィライゼーション」をやる率が低いのは時間がないのと…
思わず高スペックのパソコンを衝動買いしたくなるから…
でもネット回線が悪くてINできなかったらどーしよう…
――と怯える私はもう立派な「ネトゲ廃人」。
「ラグナロク」は無事卒業できたんだけどなぁ。

続きを読む


カテゴリー: アガレスト戦記, ニュース, 美少女ゲーム | コメントをどうぞ

艦隊これくしょん:――にハマってる私。

私を含め、どーしてみな「艦これ」に殺到するのかな~とちょっと考えてみた。

DMMだから美少女ゲーム系のイラストやボイスがいい。
――だけど、Tony絵師等の他のブラウザゲームはガラガラ…

多分、勝ったら経験値が入り気持ちがいい。
負けても娘の服が避けて嬉しい♪――じゃなかろうか?
買っても負けてもどっちでものお得感がいいね。
あと他のユーザーさんとの接触がないから。
コミュ過多であれこれめんどくさいネットの関係はもういいや、みたいな?

艦これ:千歳
千歳「やだ、燃料があふれちゃう」

続きを読む


カテゴリー: ニュース, 美少女ゲーム, 艦隊これくしょん | コメントをどうぞ