感想:euphoria(ユーフォリア)

見たことのない世界を、きみとふたりで見にいこう。
たいせつなことは、みんなあなたが教えてくれた。

ゲームプレイではなくて、ネタバレをまとめるのに四苦八苦しました。
キャラが少ないのに時系列系で込み入ってくるし、ストーリーが二転三転するので説明しずらいですね。
うまく伝われば幸いです。

ユーフォリア:合歓と恵輔

実は最近クリアしたゲームがなくて、これしかPCの中に残ってなかったのです。
逆に「萌えゲー?」に飽きた人でも続きが気になって最後までプレイしちゃう、パワーのあるシナリオでした。
「積みゲー」が山なしているからやっぱり引っ張っていく力はすごかったのです。

CGもザラッとした質感を出して彩度を下げてフォーカスでぼかしてるし、音声にノイズを飛ばしたり殺伐とした演出に気を使ってます。
↑声優さんの熱演もよかったし。
「鍵穴設定場面」でマウスを置くと表情が怯えたように変わるという細かい演出がよかったです。

不満を少々言わせていただくと…
白い部屋にプロジェクターのようなもので「解錠条件」が赤い文字で浮かび上がっている
――ここは画像で見たかったなぁ。
あと、合歓の独白…長すぎるよね。
これをゲームで表現すると「倍くらいかかりそう」って思うんだけど、贅沢を言えばやってほしかった。

合歓が口頭でだらだらと説明してるもんな~~
せっかくの「えっそうくるの?」の設定がもったいないです。

ユーフォリア:鍵穴設定場面

あとこの絵師さんの絵柄がロリっぽいので「『シナリオ』と雰囲気、あわないんじゃねーの?」という人がいるかもしれません。
――と思ってたらやっぱりいました。女性ですが。
男性が男性のために作っているので、女性が違和感感じるのはしかたないかもしれません。

「素晴らしいゲーム」「是非やってほしい」――とはいえないです。
スカ系のエログロあるし、そこ、流しちゃったから…

■どうしても「エログロ」しなくちゃいけない理由がある設定。
■主人公の「酷いことだけど、やってみたい」「でもそれを知られたくない」という葛藤。
■人と係ると、恵輔の視点が変わっていく
 ――主観が変わると人の見方も変わる――という視点でヒロインを掘り下げていくところがよかったな。
あとは知れるところですが、シナリオが骨太で「二転三転するストーリー」を楽しめるところがいいですね。

■ループもの、いい加減うんざりしてしまうけど、それがなかった。
■病院・宗教は禁じ手なのに(なんでもありになるから)…それやっても面白かった。
■続きがどうしても気になって止めさせない勢いがあった――ですかね。

最後にたどり着く大団円じゃない、「ささやかな幸せ」を大切にするエンディングもよかったです。
今がどんなに酷い状況であっても、大切な者を守って生きていこうというメッセージもこめられています。
確かに「大切な記憶」と同時に「忘れてしまったほうがいい記憶」も沢山ある現実。
とりあえず、今、生きとこ――というシンプルな考えでいいのかもしれませんね。

シナリオはシナリオライターさんの持ち込み企画だそうです。
メーカーも売れてなんぼなので「売れ線」「萌え線」を意識してマンネリに陥ってしまうので、たまには冒険もして欲しいですね。

「トラウマになるゲーム」だそうで…
私はエロ部分は適当に流すクセがついているので、ほんとにお勧めはできません。
でも、3年間あいかわらずソフトの値が下がってないので…
常にチャレンジャーがいるんですね。
こんなソフトもあるんですね。

私はこの手のゲームにはホラー系、ミステリー系の成人指定を共に(というかそっちがメインだ)期待しているので、十分満足出来ました。

ってゆーか、本気出したらエロゲもこれぐらい行けるんじゃない?と思いました。
最近「萌え飽きて」る人が多いので、メーカーさんにはもう少し工夫して欲しいですね。
工夫というか冒険というか――失敗を恐れない心意気?
この「企画」もきっとリスクを考えたでしょうし、失敗して「地雷ゲーム」と呼ばれたかもしれません。

でもマンネリは日常だけでいいですから、ゲームくらいはもっと意外性が欲しいんですよ。
いろんな意味で刺激的すぎたけど…新鮮でした。
そんなゲームでした。

レビュー一作目がこれかよ!っていうゲームで失礼しました。
それなりに名のある迷作らしいのでご容赦を。
次作は外付けハードから探してきます。


⇒euphoria(ユーフォリア)DVDプレイヤーズゲームをDMMで買う


カテゴリー: euphoria(ユーフォリア), 美少女ゲーム   パーマリンク

トラックバック用URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing