「私は誰かが苦しむのを見るのが好き。ゾクゾクするもの…」euphoria(ユーフォリア):真中合歓

真中合歓(まなかねむ 声:青空ラムネ)
「私は誰かが苦しむのを見るのが好き。ゾクゾクするもの…」

2年の春に転校してきた恵輔のクラスメイト。
美人で近寄りがたく教室ではいつもひとりでいる。
気まぐれでイミシンな態度で恵輔を誘惑したり脅したりする。

ユーフォリア:合歓キャラ

極限状態にあっても常に余裕があり、どこか楽しんでいて意地悪な印象を受ける。
一を言えば十を理解する頭脳と洞察力を持つ。
恵輔の隠された凶暴な気持ちの種に、際限ない肥料を与えて野放しに育てようとしている。

ユーフォリア:合歓殴打

「本当のあなたを、私は見てみたいのよ」
「私を犯しておくのが一番安全でしょう? 他の人を犯したらしこりが残る」
「あなたが欲しい今までどおりの何事もない平和な日常に傷が付く」
「良かったわね、恵輔。お優しい人たちばっかりで」
「あなたはとても貪欲で、たまらなく最悪だわ」
「だから好きよ、あなたが」

合歓の言葉は恵輔の心に突き刺さり、揺らぐ。
それは合歓の意地の悪い言葉の中にいくばくかの真実が含まれているからだ。

「『してはいけない』と定められてことはね、本当はしたくてたまらないものなのよ」
心の裏側を、ざらざらとした舌で舐めあげられるような、たまらなく不快で、だが――
たまらなく、自分の本音を自覚させられる。

合歓は真のヒロインであり、この作品のキーパーソンである。
合歓はある目的で「恵輔に殺される程に嫌われる」ように行動している。
なにかと絡んでくるが、ゲーム中に恵輔が死んでしまうことは合歓の本意ではない。

「こんなところで力尽きて死ぬ気!? ばかじゃないの!?」
「あなたがずっと求めていた日常…そんなものはこの学園のどこにも存在しないのよ!」
「私、この瞬間を、ずっと待っていた…」
「あなたがすがりつづけた大切な希望が…求めた日常がすべて消える瞬間を…」

周回プレイをし、叶エンドを見た最後の最後に合歓エンド、トゥルーエンドが待っています。
それまでの数々の地獄に心折れないように心してエンディングに到達してください。
逆に、途中放棄するとかえって後味悪いので、薄目でスキップしつつ修羅場をくぐりぬけましょう。


⇒euphoria(ユーフォリア)DVDプレイヤーズゲームをDMMで買う


カテゴリー: euphoria(ユーフォリア), 美少女ゲーム   パーマリンク

トラックバック用URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing